FUTURE FOX TC タープ発売開始!

アウトドアinfo

FUTURE FOXからTCスクエアタープが発売されました。
使い勝手が良く、色々なアレンジができるスクエアタープ。
今回はFUTURE FOXのTCスクエアタープを見ていきたいと思います。

スクエアタープの特徴

スクエアタープは正方形の“四角い”タープ”です。
ヘキサタープと比べるとオシャレ感には欠けますが、タープ本来の機能を発揮できる使いやすいタープです。

スクエアタープの特徴を以下に挙げます。
・四角なのでカバーできる範囲が広い
・初心者でも設置が簡単にできる
・グロメット(ハトメ)が多く配されている

四角なのでカバーできる範囲が広い
ヘキサタープはメインポールを結ぶ中央部分が一番広く、サイドは狭くなっています。
これだと雨が降ったときにカバーできる部分が狭くなってしまいます。
これに比べてスクエアタープはカバーできる部分の広さが同じなので、濡れる場所の見当がつきやすく同時に広い範囲をカバーできます。

初心者でも設置が簡単にできる
スクエアやレクタタープはポールやロープを通すグロメットの位置関係がひと目で分かるので初心者でも簡単に設置することができます。

グロメット(ハトメ)が多く配されている
グロメットが多く配されており、気候やフィールドの状況に合わせて色々なアレンジが可能になっています。

FUTURE FOX TCスクエアタープの特徴

①火に強いTC(コットンとポリエステルの混合)生地を使用
TC素材は火の粉に強いので近くで焚き火をしても飛んだ火の粉によって簡単に穴が空くことはありません。

②19箇所にループが設置されている
ポールやロープを通すグロメットではなく“ループ”というパーツが設置してあります。

写真のように厚みのある金属製のループがしっかりと取り付けてあります。
これは通常のグロメットよりも耐久性が高いと思われます。

③多彩なアレンジが可能
19個ものループにより設置の際に色々なアレンジが可能となっています。

基本パターン
アレンジ1 少人数向け
アレンジ2 日除けパターン
アレンジ3 雨の日パターン
アレンジ4 シェルター
アレンジ5 シェルター

これら以外にもポールとロープの使い方次第で多くのアレンジができるとのこと。
サブのタープとして持っておくのも手ですね。

仕様

商品サイズ W4m ✕ H4m
収納サイズ W50cm ✕ H20cm ✕ D13cm
重量    3.9kg
素材    生地 ポリコットン(TC)
カラー   オリーブ カーキ ブラック スカイブルー

まとめ

現在スタイリッシュなヘキサタープが人気ですが、本来のタープの機能が活かせるのはスクエアタープやレクタタープです。
今回FUTURE FOXから発表されたこのTCスクエアタープは19箇所ものループを取り付けたことで非常に使いやすく、またアレンジしやすいタープとなっていると思います。
ただTC素材は水を含むので雨で濡れた場合の乾燥が大変かなと思いますが、その手間がかかるとしてもそれ以上のメリットがありますね。

FUTURE FOXさんの次の新製品が楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

FUTURE FOXからエマージェンシー ...
続きを読む
現在モンベルのアストロドームを使用してい ...
続きを読む
FUTURE FOXから電源のいらないエ ...
続きを読む
FUTURE FOXからTCスクエアター ...
続きを読む
知人が「このアウトドアギア面白いよ」とA ...
続きを読む
DODからユニークなテントが登場しました ...
続きを読む
Workmanがアウトドアグッズを発売し ...
続きを読む
ネットでキャンプギアをあれこれ眺めていた ...
続きを読む
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP