SOTO『スライドガストーチ ST-487』(キャンプ大賞2024)

アウトドアinfo

キャンプ関連の情報サイト「ハピキャン」がキャンプ大賞2024を発表しました。
『キャンプ大賞2024』は昨年発売されたギアの中から優れたアイテムを選出し、その中でも特に優秀だったGEARに授与されるアワード。
第2回を迎えた今年は9つの部門から最優秀賞(オブ・ザ・イヤー)、優秀賞がそれぞれ選出されています。

今回はその中から「燃焼器具部門」の大賞に輝いたSOTO「スライドガストーチ ST-487」を紹介します。

強い火力を誇るガストーチ

風に強く、ターボライターと同じ1300℃の強力な火力が特徴のSOTOのガストーチ。
従来品に改良が加えられ耐久性が向上しています。
火口を伸ばせる設計で火元から距離を取れるほか、火口キャップが一体化され安全性も向上しています。
さらにガス充填式で経済的に使える点も嬉しいポイントです。

審査時には以下の点が評価されています。
①火口キャップが一体化されて安全性が向上していることに加え、埃や異物の侵入を防止することで点火不良などのトラブルを軽減している。


②火口が伸びるという特徴はそのままで、点火スイッチへの指の掛かりが良くなり操作性が向上している。


③ガスの充填はライター用ガスやCB缶ばかりでなく、オプションの「フィルターアダプター」を使用すればOD缶からの充填もできるようになった。

特に通常のCB缶から充填できるのは非常にありがたい機能ですね。
キャンプにはたいていCB缶を携行していると思うので、いつでもガス充填ができるのは心強いです。

使用シーン

使用シーンと言っても基本的にすべての着火シーンで使用できます。
ただ一つ、上図のようにランタンのマントル空焼き時には使えますが、空焼きが終わった灰状態のマントルに着火する時は直接マントルに炎を当てないほうが良いです。
火力が強すぎてその圧でマントルに穴が空くことがあります。

SPEC

  • 製品サイズ幅40×奥行17×高さ117〜185mm
  • 重量57g
  • 生産国日本
  • 発熱量 ※10.09kW (80kcal/h)
  • ガス充てん量約1.4g
  • 火口径直径14mm
  • 火炎温度1,300℃
  • 点火方式圧電点火方式
  • 連続使用時間30秒まで
  • 炎形状極細集中炎

まとめ

SOTOのスライドガストーチ ST-487はキャンプだけではなくすべてのアウトドアスポーツにおいて携行したいアイテムです。
私もずいぶんお世話になりましたが、ただ一つ旧型は火口部の寿命が結構短く、数ヶ月で点火しなくなったものが多かったような記憶があります。
そのため最近はホームセンターで売っている”チャッカマン”的なライターばかり使っていました。
今回の新型ではこのあたりが改善されているということなので、早速手に入れたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

キャンプ関連の情報サイト「ハピキャン」が ...
キャンプ関連の情報サイト「ハピキャン」が ...
Future Foxから画期的なシェルタ ...
新宿に行ったついでにアルペンに寄ってきま ...
車中泊に行ったついでにひたち海浜公園のす ...
キッチン周りがスッキリ片付くシェルフがD ...
世にアウトドア用オーブンは多々あれど、軽 ...
またまた独創的、画期的なキャンプGEAR ...
ユニークなキャンプGEARとネーミングで ...
柔軟性と弾力性を兼ね備えたEVA製クーラ ...
今渡しが使っているファイヤーピットはホー ...
オリジナリティに溢れ人気の高い焚き火台「 ...
FUTURE FOXからエマージェンシー ...
現在モンベルのアストロドームを使用してい ...
FUTURE FOXから電源のいらないエ ...
FUTURE FOXからTCスクエアター ...
知人が「このアウトドアギア面白いよ」とA ...
DODからユニークなテントが登場しました ...
Workmanがアウトドアグッズを発売し ...
ネットでキャンプギアをあれこれ眺めていた ...
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP