ソロキャンプやろうぜ(3)テント

ソロキャンプ

ソロキャンプはその名のごとく一人で演るキャンプです。
そのため、一人が横になれて荷物が置けるスペースが有れば十分ですし、それ自体の収納サイズも小さく軽くできます。
また、準備や設営を簡単に済ますためにもタープ機能を持ったものがオススメです。
とはいえ、すでにテントを持っている場合はそれを使うことで全く問題はありません。
使い慣れた道具は設営も早いし愛着もありますからね。

現在ソロキャンプ向けのテントは多くのメーカーから色々なものが発売されていますが、私の独断と偏見で「これだ!」というものをいくつか紹介します。

■テントとシュラフ、マットが一体となったソロテント(FUTURE FOX)

このテントはテントとシュラフ、それにインフレーティングタイプのシュラフマットが一体になっています。
テントとシュラフはファスナーで連結されておりシュラフの下にはインフレーティングタイプのマット。

バッグから丸まった本体を出し、地面に広げて設営し、マットのエアバルブを開くと空気が入って膨らんで寝る準備が完了するという、ある意味オートマティックなシステムです。
設営はワンポール構造ということもあり非常に簡単。
一人で短時間にセッティングできます。
(リンク先に設営動画がありますので参照してください)
インフレーティングタイプのマットは空気を入れると暑さが7cmあり、地面の凹凸を十分に吸収するとともに断熱効果も高いので、安眠が期待できます。
ただ付属のシュラフは寒冷期には力不足かもしれませんが、シュラフのサイズにかなりの余裕があるので寒冷期用のシュラフを中に入れて使用すれば問題ありません。
テントとシュラフ、マットがセットになっているこのソロテントは、これからソロ用の道具を揃えようと思っている方には一つの選択肢だと思います。(ちなみに価格もかなりリーズナブルですよ)

■タープが付いてシンプルなパップタイプの「パップフーテント2」(DOD)

DODから発売されている「パップフーテント2」
テント本体にポール2本、タープにポール2本の4本のポールで立てることができます。
テントにタープがくっついている構造になっています。
晴れているときはタープを後ろに跳ね上げておけばじゃまにならないし、雨が降ってきたときには1人〜2人での使用には十分の広さのタープになります。
また素材はポリエステルではなく、火に強いポリコットンであるため、焚き火の火の粉ですぐに穴が空くこともありません。(もちろん、焚き火や炭火を生地の真下に置くのはやめてくださいね)

フロアレスだからコットが似合う

フロアレスなので、グランドシートを敷く必要がありますが、コットを置くことでより快適な睡眠を取ることができます。そういう意味では車利用がオススメです。

■人気のティピー型 ソロティピー 1 TC サンドベージュ(BUNDOK)

人気のティピータイプ。ワンポールテントです。
ワンポールなので簡単に立てることができ、さらにタープも付いているので雨が降っても問題ありません。
生地はポリコットンなので、焚き火や炭火の火の粉に強いという特徴があります。(と言っても燃えないということではありません)
タープ部はフルクローズできるので、プライベートな空間を確保できます。
インナーシートは付いていますが、基本フロアレスなので寝るときはコットを使ってもいいと思います。
コンパクトに収納できますが、素材がポリコットンなので重さもあります。そのためオートキャンプ向けと言えます。

■コンパクトにまとまるツーリングドーム/ST+(コールマン)

コールマンのソロキャンプ向けドームテントです。
このテントの特徴はフライシートに遮光機能があるということです。
そのため、太陽光ばかりでなく赤外線も遮るのでテント内が涼しく、また夏場日の出が早くてもテント内は暗いままなので早く目が覚めてしまうことがありません。
さらにフライシートのフロント部はポールを使うことでタープ代わりにもなり、雨のときも濡れることがありません。
ただし、遮光フライシートは重くなるのでオートキャンプ向けです。

まとめ

今回紹介した3つのテントはいずれもタープ機能を持っているものです。
もちろんタープ機能がなければならないということではなく、タープ機能がついているとその分荷物を減らすことができます。
またテントの設営時間も短く、テントサイトの構築に必要な面積も小さくなるのでソロキャンプに向いていると考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次はオススメのシュラフについて各予定です。

前回に引き続き、普段料理をしない人、料理 ...
続きを読む
キャンプサイトの準備が終わり、パーコレー ...
続きを読む
キャンプをソロキャンプメインで考えている ...
続きを読む
ソロキャンプ向けの道具はコンパクトにまと ...
続きを読む
ソロキャンプにおける箸やスプーンなどのカ ...
続きを読む
一人で火と遊ぶ。ソロキャンプの醍醐味です ...
続きを読む
ソロであってもグループであっても快適な睡 ...
続きを読む
ソロキャンプでは手のかかる料理はせず食材 ...
続きを読む
「ソロキャンプで使うバーナーはどれが良い ...
続きを読む
ソロキャンプの場合は使うスペースが狭くな ...
続きを読む
ソロキャンプに持っていくシュラフマットは ...
続きを読む
「ソロキャンプで使うシュラフはどれが良い ...
続きを読む
ソロキャンプはその名のごとく一人で演るキ ...
続きを読む
ソロキャンプの道具と言っても、特別なもの ...
続きを読む
巷ではソロキャンプが人気です。ソロキャン ...
続きを読む
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP