ソロキャンプやろうぜ(10)焚き火台

ソロキャンプ

一人で火と遊ぶ。
ソロキャンプの醍醐味ですね。
料理しながら、酒を飲みながら、何もせずただぼーっと。
火との遊び方は人それぞれですが、共通するのは焚き火台が必須であること。
今回はソロキャンプでオススメの焚き火台をいくつか紹介します。

シバレンナ(DOD)

寒冷時にピッタリの焚き火台です。
写真のように全面のウォールがなくメッシュになっていることで、赤外線が直接体を温めます。
また内側のウォールも赤外線を反射するのでダブルで体を温めてくれます。
つまり、遠赤外線ヒーターと焚き火台が一つになったようなもの。
え?寒くないときはどうするの?
その時は前後を反転すれば良いのではないかと思います。
ゴトクもセットされているので調理も可能。
薪の代わりに炭を使うことでバーベキューコンロとしても使えますね。
サイズ的にもソロキャンプ向けです。
私的にも今年の冬に使ってみたいアイテムです。

焚き火 LOTUS【バーベキュー】(BUNDOK)

見た目華奢な感じですが、ダッチオーブンを乗せても安定性を失わない丈夫さが特徴です。
収納時(330☓240)のコンパクトさと軽さ(1kg)故、ツーリングキャンプにオススメです。
セッティングも簡単。あっという間に完了します。
付属の網の上で串焼きなどいいですね。
コンパクトでありながら必要な機能が備わる、まさにソロキャンプ向け。
ステンレス製なので錆びる心配もなく、メンテナンスが楽なオススメの焚き火台です。

ファイアグリル solo(ユニフレーム)

多くのキャンパーから根強い人気のあるユニフレームの「ファイアグリル」をソロキャンプ用にスケールダウンした焚き火台です。
サイズは小さくなっても機能は同じ。非常に使いやすい焚き火台です。
もちろんバーベキューコンロとしても使用できるので、バーベキューをした後火のついた炭の上に薪を置いてスムーズに焚き火への移行ができます。
使用時は29.5cm✕29.5cmですが収納時は21cm✕21cmのサイズに収まるので携帯性にも優れています。
本体はステンレス製なので錆びる心配はありません。
ある意味正統派な焚き火台です。

エアスタ(SOTO)

これまでにないコンセプトの焚き火台です。
焚き火台を構成する中央の”筒”から横風を取り込むことで薪への着火が促進する”エア アシスト スタートシステム”で誰でも容易に火をおこすことができるというスグレモノです。
薪を乗せる4枚のウイングは2つのサイズが有り、Mサイズは2〜4人、Lサイズは4人〜8人が利用できます。

さらに薪だけではなく木炭も使うことができるので、別売のスタンドや焼き網、グリルを組み合わせることでバーベキューグリルとしても利用できます。
ただしウイングは別売なので、ウイングと本体(ウイング以外)をそれぞれ購入する必要があります。
初心者のうちは薪に火を付けることに手間取る事が多いので、これがあれば火起こしが簡単になりますね。

まとめ

ソロキャンプにオススメの焚き火台を4つ紹介しましたが、ソロキャンプに向く道具に必要な条件として以下の2点があります。
①コンパクトであること
②複数の機能があること
特に②の複数の機能があることは荷物を減らすことにつながり、キャンプの準備やメンテナンスの手間が減ることで、より気楽にキャンプに出かけることができます。
これは焚き火台に限らずすべての道具に言えることですので、道具を買うときにはこの点に留意して選ぶようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

前回に引き続き、普段料理をしない人、料理 ...
続きを読む
キャンプサイトの準備が終わり、パーコレー ...
続きを読む
キャンプをソロキャンプメインで考えている ...
続きを読む
ソロキャンプ向けの道具はコンパクトにまと ...
続きを読む
ソロキャンプにおける箸やスプーンなどのカ ...
続きを読む
一人で火と遊ぶ。ソロキャンプの醍醐味です ...
続きを読む
ソロであってもグループであっても快適な睡 ...
続きを読む
ソロキャンプでは手のかかる料理はせず食材 ...
続きを読む
「ソロキャンプで使うバーナーはどれが良い ...
続きを読む
ソロキャンプの場合は使うスペースが狭くな ...
続きを読む
ソロキャンプに持っていくシュラフマットは ...
続きを読む
「ソロキャンプで使うシュラフはどれが良い ...
続きを読む
ソロキャンプはその名のごとく一人で演るキ ...
続きを読む
ソロキャンプの道具と言っても、特別なもの ...
続きを読む
巷ではソロキャンプが人気です。ソロキャン ...
続きを読む
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP