キャンプ入門(15)キャンプの準備

キャンプ入門

いざキャンプに出発する前に持っていくものをしっかりチェックしておきましょう。
キャンプ地はたいてい自宅や街から離れた場所にあるので、忘れ物をすると大変な不便を強いられます。
キャンプ場で売っていれば良いのですが、ない場合は最寄りのスーパーやホームセンターに買いに行かなければならないので、予定が狂ってしまいます。

ここではキャンプの準備について説明します。
(一番下でPDF形式のチェックリストをダウンロードできます)

キャンプ道具リスト

必需品

<住関係>

・テント
・タープorシェルター
・テントマット
・シュラフ
・シュラフマット
・メインランタン
・サブランタン(テント内で使うことができるLEDランタン)
・チェア
・テーブル
・焚き火台
・ハンマー
・燃料(ホワイトガソリン、ガスカートリッジ、灯油等)

<調理関係>

・調理用バーナー
・バーナースタンド
・水タンク
・クーラーボックス
・クッカー
・カトラリーセット(食器、箸、スプーン)
・トング
・包丁
・まな板
・バーベキュースタンド
・木炭
・食器洗い用具(スポンジ、洗剤、スチールウール)
・調味料(砂糖、塩、胡椒、醤油等)

<衣関係>

・着替え
・タオル、バスタオル
・防寒装備(寒冷時)
・サンダル
・帽子
・レインウェア

その他必需品

・キッチンペーパー
・ティッシュ
・ゴミ袋
・枕(枕になるようなものバスタオル等でも可)
・薪
・火ばさみ
・洗面用具
・歯磨き用具

あると便利なもの

・パーコレーター(コーヒーメーカー)
・軍手
・耐熱グローブ
・竹串
・バケツ
・ボウル、ザル
・ラップ、アルミホイル
・送風器具(うちわ、送風機等)
・ソーラー充電器
・アウトドアナイフ
・ナタ
・着火剤
・応急手当グッズ(鎮痛剤、バンドエイド、虫刺され用軟膏、体温計、解熱剤等)
・スペア電池
【春・夏】
・虫除けスプレー
・蚊取り線香
【秋・冬】
・使い捨てカイロ
・手袋
・インナーシュラフ

収納方法

それぞれの道具は目的別に収納すると取り出す時に便利です。
調理関係やそれ以外の道具は大きい収納ボックスに分けて入れることがコツです。
食器と蚊取り線香やハンマーが一緒に収納されているのは衛生的によくありません。
調味料や包丁、箸などを百均のケースに分けて収納し、それを大きな収納ボックスに入れることで、取り出しも楽ですし、衛生的です。
またこうすることでキャンプに出発する時に収納ケースごと積み込むことで、忘れ物をする可能性も低くなります。

キャンプ場に来て初めて必要なものを忘れたことに気づくことが無いよう、出発前のチェックは忘れずに行ってください。

チェックリストをダウンロード
キャンプ道具チェックリスト

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたはフィールドで調理するとき熱源を何 ...
続きを読む
恋人と二人きりのキャンプ。
満天の星 ...
続きを読む
キャンプは自然の中で行うもの。
雨、 ...
続きを読む
キャンプ場に到着して入場手続きを終え設営 ...
続きを読む
道具も揃えたし、休みもとった。
さて ...
続きを読む
いざキャンプに出発する前に持っていくもの ...
続きを読む
私がキャンプを始めた頃は焚き火台など使わ ...
続きを読む
食事や調理で無くてはならないのがテーブル ...
続きを読む
フィールドで快適な時間を過ごすためのキー ...
続きを読む
リビング空間を作り出すタープ テントが寝 ...
続きを読む
寝心地アップの切り札“コット” 前回シュ ...
続きを読む
キャンピングマットの種類 キャンピングマ ...
続きを読む
河原は最高のキャンプエリア 広い河原はキ ...
続きを読む
食器類はキャンプでなくてはならない必需品 ...
続きを読む
クッカーの種類 キャンプ用のクッカーセッ ...
続きを読む
バーナーについて バーナーは家庭でいうと ...
続きを読む
◆テントについて 現在多種多 ...
続きを読む
アウトドアショップに行くといろいろな道具 ...
続きを読む
これからキャンプデビューしたい方へ ...
続きを読む
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP