九十九里の光景

よもやま話

暑いですね。
こんなに暑いと炎天下でテント張るにも気合が必要なのですが、ヘタれてしまって足がキャンプ場に向きません。
夏はキャンプに不向きな季節です…
そうだ!山がだめなら海があるじゃないか。
という訳で千葉県の九十九里にある”サンライズ九十九里”という国民宿舎に行ってきました。

「?今回はキャンプの話題じゃないのか」とお思いの方もいらしゃるでしょうが、たまには違う話題でもいいじゃあないですかぁ。
「ははーん、ネタ切れだな」
いいえ、決してそういうわけではないのです。そういうわけでは…

サンライズ九十九里

サンライズ九十九里は浜まで徒歩5分というシーサイドに建つ国民宿舎です。
国民宿舎って最近は殆ど姿を消してしまいましたが、ここはしぶとく残っています。
建物は海に向かって弓状に作られており、客室は全室ウォーターフロント。
内装は多少古さを感じさせますが手入れが行き届いていました。

目の前の浜はプライベートビーチ状態で、海水浴客はそれほど多くはありません。
すぐ近くにある海水浴場は多くの海水浴客でごった返していました。

九十九里の朝

次の日日の出を見ようと早朝浜に出ました。
人の少ない朝の海は絶景を見せてくれました。

日の出前
波と戯れる若者
日の出

漁船が漁をしています。
浜に近い場所に停まっているのでハマグリ漁でしょうか。

朝日と海と漁船
なんだか絵になるなぁ…

まとめ

今回はキャンプの話題ではなく海の話となりました。
ブログの主旨とは違うので簡単に写真を載せて終わりにします。

はい、決してネタ切れではありませんよ。
夏はやはり一度は海水浴に行かないとね。

お盆休みが始まり各地のキャンプ場は多くのキャンパーで賑わっているようです。
熱中症には注意してくださいね〜

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP