夏キャンプの最大のリスク「熱中症」

キャンプあれこれ

キャンプするときは晴れている方が良い。
雨模様の天気のときは気分もイマイチ乗りませんよね。
しかし今年の夏は北海道辺りを除いて晴れると酷暑となります。
こういう天候の中で行うキャンプの最大のリスクと言えば熱中症です。
今回は熱中症について書きたいと思います。

熱中症とは

熱中症とは

高温多湿の環境に長時間いることで体温調節がうまく行かなくなり体に熱がこもった状態

になることを言います。

炎天下のキャンプ場で日差しを浴びながら設営や調理等の作業を長時間行ったり、遊びに夢中になっていたりすることで人間が本来持つ熱放射システムが壊れてしまうのです。

熱中症の初期症状

自分や同行者、家族が熱中症になりかけていることはどうしたら分かるのでしょうか。
一般的に初期の熱中症の場合以下の症状が出るとされています。
・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・生あくび
・大量の発汗
・筋肉痛
・こむら返り
したがってこれらの症状の一つでも訴えたり観察することができた場合、その人は熱中症になりかけていると判断でき、速やかに対処する必要があります。

初期の熱中症への対処法

初期の熱中症が疑える場合、速やかに以下の対処を行います。

①涼しい場所に移動させる
管理事務所等の冷房が効いた建物や風通しの良い木陰等涼しい場所に連れていきます。

②寝かせてかかとの下にものを置いて足を高くする
寝かせて衣服のボタン等を緩め楽にします。
そのときに足首の下にタオル等を差し込んで足を上げた姿勢にすると血流が脳に回りやすくなり回復を早めます。

③首筋や腋の下等の動脈が浅い位置にある部分を冷やす
脈を感じることができる場所(首筋、腋の下等)に冷たいタオルや氷を入れたビニール袋等を当てて体を冷やします。

④水分を補給する
冷たい水やお茶、スポーツドリンク等を飲ませます。
特にスポーツドリンクは水分の他に塩分、糖分が含まれるのでオススメです。

これらの対処を行い様子を見ます。
しばらく経っても症状が改善しない場合は迷わず医療機関に搬送する必要があります。

*自分たちで対処できるのはあくまでも初期の熱中症です。
意識がなかったり混濁している場合はすぐに医療機関に搬送しなければなりません。
搬送しながらこれらの対処を行いましょう。

熱中症のリスク回避

ではキャンプ場において具体的にどうしたら熱中症のリスクを回避できるのでしょうか。

【高地のキャンプ場を選ぶ】


キャンプにおいて最も効率的な熱中症回避方法はズバリ”涼しいキャンプ場を選ぶ”ことに尽きます。
標高が1000メートル以上のキャンプ場は気温も6度程低く、昼間は比較的過ごしやすいですし夜は涼しくて寝苦しさからも開放されます。
ただしこの場合でも以下の対策は行う必要があります。

【テントサイトの設営は夕方】

チェックインが日中の一番暑い時間帯である場合、テントサイトに木陰などがないときはタープを先に設置し日陰を作ることが大切です。
テントやその他機材は日が傾く夕方に設置しても遅くありません。
炎天下での作業を減らすことが熱中症回避のポイントとなります。
特にテントを先に設置してしまうと太陽光で熱せられテントの中に熱がこもってしまいます。
シュラフなどを中に入れておくと寝るときまでホカホカの状態になり、ただでさえ暑さで寝苦しいのにそれに輪をかけてしまいますよ。
テントやシュラフは太陽が傾くまで風通しの良い木陰やタープの日陰に置いておきましょう。

【水分、塩分をこまめに摂る
スポーツドリンクは水分の他に塩分、糖分が適度に含まれているのでおすすめです。
(水で薄めずそのまま飲むことをメーカーが推奨しています)

【日差しの下での活動を控える
直射日光を浴びながらの活動は熱中症の危険性を大きく高めます。
そのためできるだけ木陰やタープの下で作業を行うことが重要です。
子供が川遊びをするときは自立式のタープを置いてその下で遊ばせることも有効です。

【定期的な休息を取る
子供の川遊びにしてもテントサイトの設営にしても30分程活動したら日陰の涼しい場所で10分程の休憩を取るようにしましょう。
この休憩のときに水分補給をするとより効果的です。

*子供の川遊びに潜む熱中症の危険性

冷たい水が流れる川なら熱中症になりにくいのでは?と思いがちですが、川遊びは熱中症の危険性を高めます。
理由としては以下のものがあります。
・子供が遊べるほどの浅い川は日を遮るものがないことが多い
・川遊びのしぶきが顔や手にかかるため汗と見分けがつかない
・川遊びに熱中するあまり長時間日差しを浴びてしまう
そのため子供には一定時間おきに休憩を取らせ水分や塩分の補給をさせましょう。

まとめ

今年の夏は多くの地域で気温が35°を超える”酷暑”となっており、アウトドアレジャーを楽しむ人には非常に過酷な状況となっています。
それゆえ”熱中症”は老若男女問わず最大のリスクと言えますね。
特に子供は体が小さいこともあり、注意を怠るとあっという間に熱中症になってしまいます。

楽しいファミリーキャンプを台無しにしないためにも熱中症のリスク回避方法と対処法を再確認してキャンプ場に出発しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

最近“ブッシュクラフト”というワードがよ ...
続きを読む
2023年1月13日(金)、14日(土) ...
続きを読む
この時期関東以西の太平洋側は晴天が続きま ...
続きを読む
皆様あけましておめでとうございます。今年 ...
続きを読む
ダイソーで超ハイコスパのキャンプギアを見 ...
続きを読む
キャンプがレジャーとして定着してきた昨今 ...
続きを読む
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP