Camp Gear Impressions5“ヒーリングチェア(コールマン)”

Camp Gear Impressions

キャンプ道具や装備を実際に見て、触って、そして使ってみた感想を紹介する「Camp Gear Impressions」
第五弾はコールマンのヒーリングチェアです。

製品概要

【使用時】

幅  :約57cm
奥行き:約58cm
高さ :約76cm 
耐荷重:80kg
重量 :約2.5kg

【収納時】


幅  :約19cm
奥行き:約11cm
高さ :約90cm
重量 :使用時と同じ

選んだ理由

このタイプのローチェアは「Helinox」が有名ですが、私がコールマンを選んだのは以下の理由からです。
①フレームを樹脂で繋ぐ構造が今ひとつ自分に合わない
②ワンタッチ(広げるだけ)でセッティングが完了する

使用した感想

コールマンのサイトにはこのチェアについて「ハンモックに包み込まれるような座り心地で
リラックスできるローチェア
」と説明しています。
確かに腰掛けると腰の周りを包み込まれる感じの、柔らかい座り心地です。
逆に立ち上がるときには「肘掛け」がないので、“よいしょ”と力を入れる必要があります。
まあ、若い人なら苦にはならないのでしょうか、多少歳を重ねた人の場合は辛いかも(汗)…
これはこのチェアがというのではなく、このタイプのチェア全体に言えることですね。

背もたれの部分には大きなポケットがあり、鍵などの小物を入れておくと失くすリスクが減ります。
これは地味に便利な機能です。
このポケットの口がファスナーで閉まるようになっていれば、椅子が倒れても中身がこぼれることがないのでさらに利用価値が上がると思います。

気になる部分ですが、フレームを繋ぐ部分が少々華奢なような気がします。
まだ長くは使っていないので耐久性はわかりませんが、この部分がもう少ししっかり作ってあると安心できるかもしれません。

使用方法

①収納袋から出して横に広げる

②全体をよく広げて完了

まとめ

Helinoxタイプの樹脂でフレームを繋ぐタイプのチェアは軽く、収納も非常にコンパクトになります。
コールマンのヒーリングチェアは収納時に多少は長くなりますが、車で移動する場合には問題ありません。
またセッティングも「広げるだけ」という非常に簡単且つスピーディですので、私的にはこちらがメリットは多いと考えます。
ただ耐荷重が80kgなので女性や子供用として使用したほうがより長く使えるでしょう。

ちなみにこのカモフラージュカラーは発売終了しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP