Camp Gear Impressions4“パックアウェイ(TM)コット(コールマン)”

Camp Gear Impressions

キャンプ道具や装備を実際に見て、触って、そして使ってみた感想を紹介する「Camp Gear Impressions」
第四弾はコールマンのパックアウェイ(TM)コットです。

製品概要

【使用時】
長さ :約190cm
幅  :約64cm
高さ :約38cm 
耐荷重:80kg
重量 :約4.6kg

【収納時】
長さ :約94cm
幅  :約17cm
高さ :約22cm 
重量 :使用時と同じ

選んだ理由

コールマンのコットです。
アルミフレームであり、以前レポートしたコールマンの「トレイルヘッドⅡ」と比べると約1/3程の重さです。
収納状態から使用状態にするまでの時間が30秒ほどで済み、非常にセッティングが楽であることが特徴です。
耐荷重は80kgですがサブコットとして調達しました。

使用した感想

セッティングはバッグから出して広げるだけです。
30秒とかかりません。
その分トレイルヘッドⅡに比べるとシートのテンションが弱く感じます。
(シートのセッティングにかなり力が必要なトレイルヘッドⅡなので当然といえば当然ですが)

寝転んでみるとシートが体に合わせて多少変形するのでホールド感があります。
ただし、一晩寝てみたところ腰が沈む分、私的にはトレイルヘッドⅡの硬い感じが合うように感じました。
ただこの季節なのでシュラフマットは使用せず直接寝たので、シュラフマットを使用した場合はまた違った感覚になるのではないかと思います。

使用方法

①収納バッグから取り出す
バックから本体を取り出します。
この収納バッグはバッグの上面が全て開くので、出し入れが簡単です。

②2つに折りたたまれている本体を開く

③左右を広げる

④コット両端の脚部をフレームと直角になるように広げる

⑤完成です

*写真をよく見ると両サイドの脚部が直角になっていませんね(汗)
 使用する際は脚部を直角にすることをお忘れなく。

収納するためにはこの逆をやることでスピーディーにたたむことができます。

まとめ

トレイルヘッドⅡに比べて軽くてセッティングが超簡単。
ただセッティングが簡単なだけシートのテンションがやや低い。
私はどちらかというとテンション高めの硬いシートが好みですが、これは感覚上の差でありテンションが大きく違うわけではありません。
またテンションの僅かな違いはシュラフマットで吸収されるのでそれほど大きな要素ではないかと思います。
軽くてセッティングが超簡単、耐荷重が80kgということを考えると女性や子供向けとも言えますね。
またメインコットを持っている人であれば、奥さんや彼女、子供のためのセカンドコットとして持っておくのもいいかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP