Camp Gear Impressions1 “トレイルヘッドⅡ(TM)コット(コールマンUSA)”

Camp Gear Impressions

キャンプ道具や装備を実際に見て、触って、そして使ってみた感想を紹介する「Camp Gear Impressions」
第一弾はコールマンのトレイルヘッドⅡ(TM)コットです。

■製品概要

【使用時】
長さ :約185.4cm
幅  :約88.9cm
高さ :約43.2cm 
耐荷重:136kg
重量 :約9kg

【収納時】
長さ :約102cm
幅  :約20cm
高さ :約10cm 
重量 :使用時と同じ

選んだ理由

コールマンUSAでリリースされているスティールコットです。
コールマンJAPANでも同じサイズ感のトレイルヘッドコットがありますが、耐荷重が80kg前後ということで、より丈夫なトレイルヘッドⅡを選びました。
(と言っても私の体重が80kgを超えているということではありませんよ)
スティール製ということで重量が約9kg程ありますが、私は基本車使用なので問題ありません。
収納時のサイズもコンパクトなので、このコットに決めました。

使用した感想

さすがに9kgはずっしりときます。
裏面に防水コーティングがしてあるシートは厚みがあり、ベッド使用でもベンチ使用でも人の体重をしっかり受け止めてくれそうです。
収納バッグのストラップはしっかりとバッグに縫い付けてありますが、乱暴に扱うと縫い目に負担をかけそうなので丁寧に扱ったほうが良いような気がします。

組み立てて寝転んでみましたが、シートの張りがしっかりとしていて沈み込みも少なく安心感があります。
ベンチ使いで腰掛けましたが同様にしっかりと体重を支えてくれます。
なんと言っても耐荷重が136kgあるので安心して使用できるのが良いです。

使用方法

①バッグから取り出す
バッグから本体とシート固定用のポールを取り出します。

②縦方向2つに折りたたまれている本体を開いて延ばします。

③左右のフレームを開きます。

④シートの両端にシート固定用ポールを通します。

⑤ボールに開けられている穴にフレーム先端の突起を入れてシートを固定します。

図の矢印にある突起をフレームのに入れてポールを固定します。
ポールの穴の位置は上の写真を見るとわかりますが、多少異なっています。
一つはポール先端から約4.6cm(A穴)、もう片方は約9.6cm(B穴)のところに空いています。
このA穴に先に突起をセットし、その次にB穴をセットします。
この順番が大事です。
何故かというとコットの片方にポールをセットしたあと反対側にもセットするのですが、このときにシートをピンと張るために非常に力が要ります。
そのため先ずA穴に突起をセットした後、B穴側をしっかりと掴まなければなりません。
この”しっかりと掴む”ためには掴むためのスペースが必要ですが、それがB穴側というわけです。
A穴側は掴むためのスペースが足りません。

⑥完成です

まとめ

コットは夏は涼しく冬はマットと組み合わせることで暖かく寝ることができます。
今回紹介したコールマンのトレイルヘッドⅡコットは重量はありますが、スティール製であり耐荷重が高いので耐久性も高いと考えます。
私はモンベルのアストロドームとの組み合わせでこれを使おうと考えています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP