長瀞オートキャンプ場でキャンプ

キャンプレポート

3月3日(金)一泊で長瀞オートキャンプ場でキャンプしてきました。
今回はその様子をレポートします。

荒川に沿って開けたキャンプ場

長瀞オートキャンプ場は荒川上流部長瀞渓谷に沿ってフィールドが広がっています。
川の向こうはフォレスト サンズ 長瀞です。
長瀞渓谷は良いキャンプ場が多くあります。

エントランス

国道からキャンプ場に続く坂を下るとエントランスがあります。
冬なので木々には葉がついていませんが、新緑の季節は輝く緑の中に入っていくようで気持ちが良いでしょうね。

受付。
中には薪や炭、その他消耗品が販売されています。

コテージ

受付の向かいにはコテージが並んでいます。
この日は日曜日だったので滞在する人は少なめでした。
コレージは横から見ると電車に見えます。
鉄ちゃんたちに受けそう。

オートキャンプ場

受付を出てオートキャンプ場に向かいます。
このスロープは車で降りることができます。

いろいろな種類のサイトが有るようですね。

トイレと洗い場

トイレは坂を登ったところにあります。
一番近いサイトから歩いて2分ほどでしょうか。

左が女性用、右奥が男性用です。

きれいに整備されたトイレ。
キャンプ場の姿勢が伺えるポイントですね。

トイレの少し奥には「わくわく広場」があります。
子供たちも退屈せずに遊べそうです。

洗い場です。
ここもメンテナンスが行き届いており、非常にきれいな状態でした。
もちろんお湯が出ます。
写真のボトルはハンドソープ。
スポンジや洗剤は無いので忘れずに持っていきましょう。
私は荷物に入れ忘れてしまったので購入するはめになりました。

洗い場の裏に灰捨場が設置されています。

ペット用のシャワーとファイヤーピットなどの洗い場が設けてあります。
これはとてもありがたい。
こんなところにもキャンパーフレンドリーな姿勢が伝わってきます。

ビューサイト

ビューサイトは荒川に面した破砕ブロックが敷き詰めてあるサイトです。

日曜日だというのにかなりのサイトが埋まっていました。
このロケーションに加えてキャンパーフレンドリーな運営方針。
人気があるのもわかりますね。

DOD ヨンヨンベース

今回のキャンプは2日とも晴天の予報だったのでテントはTCのヨンヨンベースを持参しました。
設置が楽で広いスペース。
これは使えるテントです。

事件です!

薪を細くしようとナタを当ててハンマーで叩きましたが全く割れず。
だんだん力を入れて叩いているうちにナタの木製の取っ手が割れてしまいました。

硬い理由が判明。
太い節があるではありませんか…
薪を無造作に選んだ結果がナタの破壊に繋がりました。
初心忘るべからず。
何事も無造作にやっては駄目ですね。

キャンプめし

初日のランチ

ランチは手軽に済ますためにコンビニの冷凍ちゃんぽんにしました。
アルミ製の鍋に入っているので蓋をとって火にかけるだけでOK。
かんたんで美味しい。
しかし設営やら写真撮影やらを忙しくやっているうちにランチの時間は過ぎてしまい、結局ランチ抜きとなってしまいました。
明日の朝食として食すことにします。

ディナー

ディナーは「すきやき」と「厚切りベーコンとジャガバタコーン」
ジャガバタコーンはスキレットで加熱して酒の肴にします。

今回の酒はドライシードルとビール。
シードルはそれほど甘くもなく、結構美味しくいただけました。

朝食にしようとしたピザとスープ。
ピザはホットサンドメーカーに挟んで焼くつもりでしたが、急遽ちゃんぽんになったのでお持ち帰りです。

事件です!その2

灯油ランタンの揺れる炎を楽しむつもりでしたが、なんと灯油タンクの蓋が無い!
探し回りましたが見つかりません。
泣く泣く今回の使用は無し。

帰ってキャプテンスタッグにキャップを注文しました。

ジャガバタコーンをホットサンドメーカーで焼く

最初はスキレットで焼く予定でしたがホットサンドメーカーで焼いたほうが美味しくなるかも…と、急遽ホットサンドメーカーに詰めて焼くことにしました。

結果は大正解。
両面がカリカリに焼けて中はしっとり柔らか。
ホットサンドメーカー恐るべし!

向かいの灯りはフォレストサンズ長瀞のキャンプの灯りです。
向こうも多くのキャンパーで賑わっているようですね。

まずはコーヒーで目を覚まします。

朝食はちゃんぽん。
熱々のちゃんぽんは体が温まるし美味しいから寒い時期の朝食に良いかも。

夜はかなり冷え込みました。
車もびっしり氷がついています。

天気が良く空気も乾いているのでこんな朝はまずはシュラフを干します。
2時間ほど干すことで夜の間の汗などが飛んでしまうのでそのまま収納してもOKです。

チェックアウトが11時なので余裕を持って撤収できました。

帰りは満願の湯で汗を流しました。
ここのお湯は肌に優しくツルツルになります。

まとめ

今回のキャンプは天候に恵まれ、非常に快適な時間が過ごせました。
長瀞にはキャンパーフレンドリーで人気の高いキャンプ場が多くあります。
首都圏から近い位置にあるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回は久しぶりの沼津の港にテントを張った ...
神奈川県相模原市の道志川沿いにある青根キ ...
神奈川県相模原市の道志川沿いにある青根キ ...
お気づきかとは思いますが、ブログタイトル ...
9月末の土日、谷川岳ドライブインキャンプ ...
先日谷川岳ドライブインキャンプ場で二泊三 ...
-be-北軽井沢キャンプフィールドは20 ...
-be-北軽井沢キャンプフィールドは20 ...
おなじみの沼津の漁港で会社のキャンプ部の ...
4月22日、23日。関東が季節外れの夏日 ...
先週の金曜〜土曜で喜多川キャンピングベー ...
先週の金曜〜土曜で喜多川キャンピングベー ...
3月3日(金)一泊で長瀞オートキャンプ場 ...
今年はじめての会社のキャンプ部活。埼玉県 ...
今年はじめての会社のキャンプ部活。埼玉県 ...
前回に引き続き“サンレイク”で会社のキャ ...
富士五湖のひとつ、西湖。この湖畔にある“ ...
秋の沼津の港でキャンプしてきました。今年 ...
Grandpa

Grandpa

36年間キャンプに親しんできた管理人が、培ってきた経験やTipsを共有するためのブログです。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
TOP